当院のご案内

湘南巻き爪センターについて

2015年9月より開院した湘南巻き爪センターでは、お子さんから、ご年配の方まで幅広い年齢層の方々への矯正・ご相談させていただいております。  

 

■ 爪の痛みで悩んでいる方

■ この爪をどこで治療していいのかわからない

■ 現在痛みはないが、以前はあった/化膿したことがある

■ 痛いのは嫌だ など  

 

このようなお悩みをお持ちの方、お気軽にご相談ください。

爪が皮膚に食い込み、そこから炎症を起こし痛みが起こる症状を【巻き爪・陥入爪】といいます。  

 

一般的に知られている【巻き爪・陥入爪】の治療方法は、病院などの「手術」や爪に穴を開けて「ワイヤー」を装着する治療法が行われています。そのため【痛い】・【怖い】というイメージがあります。  

 

当センターで行うドイツで考案された最新の矯正方法、B/Sスパンゲ法はまったく爪を傷つけずに透明なプレートを爪に装着するという、簡単でまったく痛みのない矯正方法になります。  

 

違和感なくマニュキュア(ペティキュア)をして頂いても大丈夫です。【痛い】とか【怖い】といった心配はいりません。さらに痛みが取れるだけでなく、爪を正常な形に戻すことができます。従来の方法とは全く違うのです。  

 

【巻き爪・陥入爪】の方は国内だけでも15万人(推定潜在患者数は1000万人)と言われています。日本の人口にすると10人に1人の計算になります。その潜在患者と言われる方達は、痛みが無いケースも多くあるので、知らず知らずのうちに【巻き爪・陥入爪】の予備軍になっているのです。  

 

【巻き爪・陥入爪】は一般的に女性が多いというイメージですが、近年では小学生からお年寄りまで老若男女問わずにいらっしゃいます。ここ数年の特徴として、【巻き爪・陥入爪】の低年齢化が進んでいます。  

 

その原因の一つとして、近年の劇的な環境の変化が影響していると考えられています。ここ数十年で急増したコンクリートやアスファルトのような固い地面などの生活環境により、裸足で過ごす機会が減り、足の指をうまく使えない、または使っていないペタペタ歩きと言われる歩き方の人が多く、このことから小・中学生の【巻き爪・陥入爪】が増えていると考えられます。  

 

このように【巻き爪・陥入爪】になる原因は、体質的な場合もありますが、ほとんどが外的な要因によるものが多いです。スポーツ選手、ヒールをよく履く女性、妊婦さん、歩く機会が減ってきたご高齢の方などです。  

 

当センターでは矯正はもちろんですが、【巻き爪・陥入爪】になった原因を見つけ出し、再発を防ぐことも大切にしております。

原因がわからないままだと、また同じような症状を繰り返してしまうことになります。  

 

痛みの原因を根本的に解決して、快適な、痛みのない日常へ戻れるように一緒にがんばりましょう!  

 

爪の痛みで長い間悩んでいる方、不安をお持ちの方を一人でも多く救いたいと思っております。 ぜひ、一度お気軽に当センターにご相談ください。 心よりお待ちしております。


お問い合わせ 無料相談